スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 |

第9話 肩透かし

「・・・ご出勤ですか?」
「うん」
「・・・いってらっしゃい」
「ああ」

統矢さんは何事もなかったかのように、去っていった。

組長でさえ大輔の気持ちに気づいていたのだ。
いつも大輔と一緒にいる統矢さんが気づかない訳がない。
そこにこの朝帰りときたもんだ。
・・・誤解されたか・・・されたよな・・・。

大輔と私は眼を合わせるとため息をついた。

統矢さんはいつも通りだった。
それが逆に怖いのだ・・・。
怒ってるぞー・・・あれは、きっとすごく怒ってるぞー・・・


その日の夜。
統矢さんはこれまた何もなかったかのように「ただいま」と勝手口から帰ってきて、
そのまま2階へ上がっていった。
私はすぐにでも追いかけていって統矢さんと話したかったが、台所仕事の最中だ。
しかも今朝も朝帰りのため仕事をしていない(事前にお藤さんに許可は取ってあるけど)。
仕方なく、できるだけ早く仕事を終わらせると、私は2階の統矢さんの部屋へ走っていった。

「あの!失礼します!」
「ん?ユウか。どうした?」
「あの、えっと!」

えーっと・・・なんて言えばいいんだ?

「今朝のことですが!」
「今朝?」
「あの、その」
「ああ、大輔のことか?」
「は、はい!そうです!あの、あれは・・・」
「どうせ、親父になんか言われたんだろ」
「・・・え?」

なんだ、分かってるのか。
そうだよな、うん、そうだよな。組長の息子だもんな。さすが統矢さん・・・
でも、何もなかったんです!って統矢さんに言っていいのだろうか。
それって組長の命令に逆らったって言ってることになる訳だし・・・。

昼間、組長には「してきました」と報告した。
組長は、私をじっと見ると、別に身体を確かめたりもせず、ただ「わかった。ご苦労様」とだけ言った。
私はほっとした。
私の真意を組長はきっと汲み取ってくれた。
その上で怒らなかったのは、大輔が組長より統矢さんを選んだことに満足したからだろう。

で。
この王子様だ。

せっかく組長と大輔と私の間で、事実承知の上での猿芝居が成立したというのに、
ここでぶち壊す訳にはいかない。

統矢さんが今朝の朝帰りを見て、
組長命令とは言え大輔と私が寝た、と誤解して怒っても仕方ない。
いつか私が事実と統矢さんに対する大輔の忠誠心をちゃんと話せばいいことだ。

「で、何?」
「へ?」

あれ?怒ってないのか?
私は大輔と寝たんですよ?(ってことになってるんですよ?)

「何って・・・」
「何もないなら、俺仕事あるから。金曜は残業したらダメなんだけどさ、終わらなかったから持って帰ってきたんだよなぁ」

そう言って統矢さんはパソコンを開いた。
うっ・・・本当に怒ってない・・・
そういえば、私は統矢さんの恋人でもなければ「他の男と寝るな」とも言われてない。
だから別に他の男と寝てもいい訳で・・・統矢さんが怒る必要はない訳で・・・
私、なんで統矢さんが怒ってると思ってたんだろう・・・

「失礼します・・・」

私は人生最大の肩透かしを食らったような気分で部屋を出た。



↓ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります!
★ここをクリックしてください★

目次     前話<  >次話



COMMENT : 0
TrackBack : 0
Category : [18years]本編 | Theme : 自作連載小説 | Genre : 小説・文学 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

Copyright © タロウの書き散らし小説 All Rights reserved.
Designed by サリイ  Illustration by ふわふわ。り  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。