FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 |

第4話 二つの仕事

統矢さんが足を組んで、パラパラと雑誌をめくる。

「・・・統矢さん」
「なんだ?」
「似合いませんよ」
「うるさい」

統矢さんの手にある雑誌は、由美さんから借りてきた例のアイドル雑誌だ。
ヤクザとアイドル雑誌。
似合わないこと請け合いである。

「ふーん、こうやって写真で見ると普通にかっこいい男だな」
「そーですか?」
「本当に血つながってんのか?お前、橋の下で拾われてきたんじゃねーの?」
「・・・」
「あ、でも、あのぶっ飛んだ性格は・・・やっぱ兄妹だな」
「私、ぶっ飛んでません」
「まあ、『ぶっ飛び度数』はアイツの4分の3くらいだな」
「・・・それって、結構重症ですね」
「今頃気づいたか」

あの嵐の一件以来、KAZUこと和彦は廣野組の中で超有名人だ。
いや、世間的にも超有名人なのだが、およそヤクザの世界ではメジャーではなかった(当たり前だ)。

それが今や時の人!
なんと言っても統矢さんを殴ったのだ。

「組長の息子」を殴る、という意味でもたいしたもんだが、
そもそも「統矢さんを殴る」ということは物理的に難しい。
なんせ、統矢さんはめちゃくちゃ強い、らしい。
子供の頃から空手をしているし、さすがにヤクザの組長の血筋か、喧嘩で負けたことがない。

そんな統矢さんを殴った。
これは廣野組では大ニュースだ。

「組長と統矢さんの女の兄貴が(ややこしい・・・)、統矢さんを殴ったらしいぞ!」
「妹を取り戻すために、ヤクザに立ち向かうなんて、かっこいいな」
「油断してたとはいえ統矢さんに一発いれるとは・・・」
「屋敷でヤクザに囲まれても平然としてたらしいぜ」

等々・・・おい、なんか結構好意的に言われてるじゃないか、和彦。

「なんでアイツはあんな強いんだ。マジで痛いぞ・・・」
「昔っから私に寄ってくる男をねじ伏せてましたから」
「ものすごいシスコンだな」
「異常です」
「それでこの歳まで処女か」
「・・・」

そこは議論を要するところだ。

「で。どうしてくれるんだ?」

統矢さんは殴られた頬を指差して言った。

「どう、って・・・?」
「どう責任取ってくれるんだ?」
「そ、そんなこと言われても・・・」

そういう間にベッドに押し倒された。

「頑張ってくれるんだろうな?」

へぇ。
頑張らせて頂きます、旦那様。



しかし、あまり呑気なことばかり言っていられない。
和彦は「また来る」と言っていた。
また来られては困るのだ。

もちろん、あのぶっ飛び男が来る、ということ自体も困るが、
それより何より、(信じられないことに)アイツは芸能人だ。
しかも、何故か今をときめくトップアイドルなんかになっちまってる。

つまり、和彦の周りにはマスコミがうろちょろしているということ。

和彦がヤクザの家に出入りしているところを撮られたりすると、
和彦自身困りそうなものだが、あのバカ男はそんなこと気にするはずがない。
気にするのはこっちだ、廣野組の方だ。

ヤクザにとって、マスコミから注目を浴びることはマズイ。大変マズイ。
なぜなら、廣野組の名前が広く知れ渡っていくと、それだけ注目もされ非難もされる。
一般人にだけならともかく、警察にも注目されちゃった日にゃあたまらない。

しかもあのバカ男が「妹が監禁されてるんです!」とか言おうものなら・・・

想像するだけで恐ろしい。


だから・・・
いつものように今日の夜、組長に呼ばれているのだけども、
きっと何か言われるに違いない。
廣野組から出て行けとか言われたらどうしよう・・・
それこそ和彦と一緒に住まなくちゃいけなくなるのか?
それだけは絶対に嫌だ。


「失礼します」
「ああ、来たか」

私は何食わぬ顔でベッドに向かおうとしたが、やはりそうはいかなかった。

「話がある」

やっぱりですか。

「・・・兄のことですよね?」
「兄?ああ、アイツか。なかなか面白い奴だな。さすがユウの兄だ」

それって褒めてるんですか、けなしてるんですか?

「それもなんとかしないといけないが、今日の話はそうじゃない」
「え?」
「お前にやってもらいたい仕事が二つある」
「仕事?」

私はきょとんとした。



↓ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります!
★ここをクリックしてください★

目次     前話<  >次話




COMMENT : 0
TrackBack : 0
Category : [18years]本編 | Theme : 自作連載小説 | Genre : 小説・文学 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

Copyright © タロウの書き散らし小説 All Rights reserved.
Designed by サリイ  Illustration by ふわふわ。り  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。