FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 |

《美月》 新しい人生 3

その日、学校から帰ると廣野家の門の前で廣野君とバッタリ出くわした。

「あ・・・山本」

気まずそうな廣野君。
そういえば、今日学校休んでたな。なんだ、ズル休みだったのか。

私はそう解釈した。


でも。

お屋敷の方を見た。

いつもと変わらない堂々たる門構え。
怖そうな門番達。
延々と続く土壁。

でも。

何かが違う。
何が・・・ってうまく説明できない。
でも何かが違う。

あえて言うなら、空気、かな。

「・・・何かあったの?」
「え?なんで?」
「なんとなく・・・」

廣野君は私に近づき、そっと耳打ちした。
こんな近くに男の人がいるなんて初めてで、手が汗ばむ。

「ちょっとゴタゴタがあって。迷惑掛けないようにはするけど気をつけてな」
「ゴタゴタ・・・?『出入り』ってやつ?」
「ふっ。なんでそんな古いヤクザ用語知ってんだよ」

廣野君とこんなまともに会話するなんて初めてかも。
ううん、そもそも話したことなんてあったっけ?

「あ・・・小説とかで・・・」
「ふーん」
「・・・ご、ごめんなさい」
「何が?」
「小説だなんて・・・。廣野君にとっては現実のことなのに」
「いいよ。確かに普通の人にとっちゃ、小説並みの世界だよな」

廣野君が自嘲気味に笑う。
そして更に声を低めて言った。

「昨日、1人殺された」
「え・・・?」
「どこの組がやったのかわからないけど。うちに脅迫電話とかも最近かかってきてるんだ」
「・・・そうえば、昨日の夜中、なんかバンって音が」
「銃声だろうな。心臓打ち抜かれてたから」

まさに小説の世界だ。
でも、廣野君はそこで生きてる。

「ほんと、悪いんだけど気をつけてな」

そう言うと廣野君は門から家へ入っていった。


拳銃、人殺し、抗争・・・
そう言われても、ピンとこない。
いくら目と鼻の先で起こったこととはいえ、現実味が全くない。

だからその夜も、別にいつもより戸締りを厳重にする、とかいうこともなく、
いつも通り玄関の鍵を閉め、
いつも通りご飯を食べて、
いつも通りベッドに入った。

そして、
いつも通り朝を迎える、
はずだった。



バタン!ガシャン!

真夜中、家の中で何か音がした。
なんだろう?

私はパジャマの上にカーディガンを羽織ってベッドから出た。
まだ9月とはいえ、夜は冷える。

「お母さん・・・?」

そう言ってドアを開けた瞬間、目の前が真っ暗になった。



再び目が覚めた時、あれは夢だったんじゃないかと思った。
でも、頭が痛い。
それに・・・なんだか手足が動かない。

よく見ると手も足も縛られて床に転がされていた。

なんだ。
まだ夢の中か。

そう思ってもう一度目を閉じようとしたとき、
頭の上から声がした。

「起きたか」

はっと目を開け見上げると、男が一人私の目の前に立っていた。
誰だろう?
見たことがあるような・・・。

ぼんやりする私などお構いなしに、その男は乱暴に私を座らせた。

「い、痛い」
「わりーな。あんたにはなんの罪もねーのに。まあ、あるとすれば廣野の息子の女だってことか」

男はニヤニヤしながらそう話す。

何を言ってるの、この人?

首だけ動かして周りを見回すとそこは小さな部屋だった。
そして大きくて頑丈な扉・・・明らかに防音扉だ。
ということは騒いでも外には聞こえないってことか。

妙に頭が冷静で、そんなことを考えていた。
だって、ありえない。
なんで私が縛られて閉じ込められてるの?

さっき、この人、「廣野の息子の女」って言ったけど、
私のこと廣野君の彼女と勘違いしてるんだろうか。
どこをどう取ったらそんな勘違いができるんだろう。
廣野君とまともに話したのなんて、昨日が初めてって言ってもいいくらいなのに。

・・・え、
もしかして、昨日のアレを見ていて勘違いしたの?

一体どこで見てたんだろう。

今のこの状況よりそっちの方が怖かった。



↓ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります!
★ここをクリックしてください★

目次     前話<  >次話






COMMENT : 0
TrackBack : 0
Category : [18years]番外編 | Theme : 自作連載小説 | Genre : 小説・文学 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

Copyright © タロウの書き散らし小説 All Rights reserved.
Designed by サリイ  Illustration by ふわふわ。り  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。