スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 |

《美月》 新しい人生 1

「あはははは!」
「なんだよ、それー!?」

教室に入ろうとドアへ伸ばした手が思わず止まる。

教室の中の入り口付近に男子が5、6人たむろしている。

嫌だな、どうしよう・・・
今更、後ろの方のドアへまわるって感じ悪いかな?
誰も私に気づいてないからいいよね・・・?

私は昔から人付き合いが苦手だった。
特に男子なんてとんでもない。
ろくに口をきいたこともない。


後ろの方から別の生徒がやってきた。
だめだ、もう思い切ってこのままこっちのドアから教室に入ろう。


ガラッ!

できるだけそっと開いたつもりだったけど、古いドアは予想以上に大きな音をたてた。


たむろしていた男子達が一瞬会話をやめ、こちらをみる。

・・・怖い・・・

でもみんな、「なんだ、山本か」という顔ですぐにおしゃべりに戻った。


私はほっとして、足早に自分の席へ向かう。


「美月、おはよう!」
「・・・相田さん・・・おはよう」
「もう!『相田さん』なんて堅苦しいからやめてって、言ってるでしょ?直美でいいってば」
「・・・うん・・・」

相田直美はこのクラスで唯一、私に話しかけてくれる人間だ。
とってもかわいい、小悪魔的な女の子。
ううん、「小悪魔的」じゃない「小悪魔」なんだ。

彼女が私に話しかけてくるのは、別に私のことを好きだからじゃない。
ちゃんと目的がある。

私はたむろしている男子達の方を見る。

その中にいる、廣野統矢の姿を。


スラッとしてかっこいい廣野君を、この相田さんは狙ってる。
だから、小学校・中学校とずっと廣野君と同じだった私に近づき、
廣野君のことを色々と知りたがってるんだ。

「そうそう!空手部のマネージャーになって正解だったよ!サンキュー、美月!」
「え?」
「美月が言うとおり、廣野君、入部してきたよ!先回りして入部して正解だった!」
「そう・・・よかったね」
「空手部のマネージャーなんて全然人気なかったのに、廣野君が入部決めたとたんに
希望者が殺到してさ。先輩達は『男目当てなんて、動機が不純すぎる!その点、相田さんは入学してすぐに入部してくれたもんね。本当に空手が好きなんだね』なーんて、言ってくれるし。もう、美月様様って感じ!」

相田さんに、廣野君がずっと空手をやってたことを教えたんだった。
・・・大丈夫かな、廣野君。相田さんが迷惑かけなきゃいいんだけど・・・


高校に入学して一ヶ月。
もうすぐゴールデンウィークだ。

中学に入学した時のことを思い出す。
あの時も最初の一ヶ月、廣野君の周りには人の輪が絶えなかった。
ちょっと斜に構えたところがあるけど、話も面白くってかっこいい廣野君は、
男子からも女子からも人気があった。

でも、ゴールデンウィークが明ける頃には彼の周りには誰も寄り付かなくなった。

どこからともなく、じわじわと広がっていくんだ。
彼の家のことが。



高校では部活に入る気はなかったけど、
「図書部」というのに惹かれた。
みんなで本を読んで議論したり、自分達で本を書いたりする部らしい。
議論は苦手だから参加したくないんですが・・・と勝手をいう私を、
先輩達は快く迎え入れてくれた。

今日も部活で大好きな作家の小説を読んでいて、遅くなってしまった。

足早に駅から家へと向かう。
すると、私の少し前に人影があった。

廣野君だ。

空手着を背負って、いかにも「疲れてます」って感じでのんびりと歩いている。
私は彼に追いつかないように、歩調を落とした。

私の右横にはずっと黒っぽい土壁が続いている。
これに沿って行って、角を曲がればものすごく大きな鉄の門が現れる。
廣野君の家の玄関だ。

でも彼は玄関からは入らない。
昔からそうだ。
門番の人たちに「お帰りなさいませ!」とか言われるのが嫌で、玄関は滅多に使わないらしい。
いつも小さな勝手口から出入りしている。

自分の家なのに、変なの。
思わず小さく笑ってしまう。

廣野君は、今日もいつも通り勝手口で姿を消した。

私はそのまま土壁に沿ってすすみ、角を曲がって廣野家の門を少し通り過ぎたところで
足を止めた。

廣野家の門の斜め前にある小さな家。
それが私の家だ。

ちらっと廣野家の方を振り返る。
今日も門番の人が5人。

そこは正真正銘、ヤクザのお屋敷だ。


↓ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります!
★ここをクリックしてください★

目次       >次話



COMMENT : 0
TrackBack : 0
Category : [18years]番外編 | Theme : 自作連載小説 | Genre : 小説・文学 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

Copyright © タロウの書き散らし小説 All Rights reserved.
Designed by サリイ  Illustration by ふわふわ。り  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。