スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 |

第3話 電話

175センチ、容姿はまあまあ(多分)な俺。
160センチ、容姿は・・・綺麗というよりは可愛らしい感じのサナ。

家は隣同士。
保育園から高校までずっと同じ。
毎朝一緒に家を出て、放課後もどちらかの家で一緒に過ごす事が多かった。

いつも一緒にて、見た目も釣り合う(らしい)二人を周りはいつの間にか「恋人同士」と認識していた。

俺達も別にどちらから「付き合おう」とか言い出した訳でもなかったが、一緒にいるのが当たり前で、
これからもきっとずっとそうなんだろうと思っている。

でも「私も東京の大学に行く!」とサナがいきなり俺と俺の母親とサナの母親の前で宣言した時は、驚いた。

そう言ってくれるだろうとどこかで期待してたけど驚いた。
そしてすごく嬉しかった。

いっそのこと、東京では一緒に住もうかという話も出たが、なんか照れくさくって両方の母親に言い出せなかった。

実は、母親同士でも「一緒の家に住ませちゃう!?」という話で盛り上がっていたという話を聞いたのは、もう寮を契約した後だった・・・




6月。

東京はもう初夏の陽気だ。
ようやくこっちでの生活にも慣れてきた。
大学での講義とバイトに明け暮れる毎日。

サナと母さんからの

「好きなんだし上手いんだから空手は続けたら?」

という言葉もありがたく受け取って、
熱心な部員とは言えないが空手部にも入部した。

そんな時間の合間を縫ってサナとデートもよくした。
どこで情報を入手してくるのか知らないけど、
俺がどこかに行きたい、という前にサナはもう全てリサーチして、
勝手にデートプランを立てていた。

「楽で助かるけど、俺にも何かさせろよ」
「男は尻にひかれてる位がちょうどいいのよ」
「・・・母子家庭で育った女、って感じの意見だな・・・ありがたく拝聴しておくよ」


こんな日々が続くんだと思っていた。
このまま4年間が過ぎていくと思っていた。

6月下旬の暑い夜、サナの母親から電話がかかってくるまでは。



↓ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります!
★ここをクリックしてください★

目次     前話<  >次話



COMMENT : 0
TrackBack : 0
Category : [18years]本編 | Theme : 自作連載小説 | Genre : 小説・文学 |

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

Copyright © タロウの書き散らし小説 All Rights reserved.
Designed by サリイ  Illustration by ふわふわ。り  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。